2019年度日本発達障害支援システム学会

12月8日におれんじ学園とnicoのスタッフ数名で
【2019年度日本発達障害支援システム学会】に参加してまいりました!
今年度の会場は小金井市にあります東京学芸大学でした。
IMG_1488.jpg
IMG_1490.jpg
発達障害支援を「育てる」「つくる」「関わる」「学ぶ」「暮らす・働く」の五つの分科会に分けて、研究成果や日々の取り組みを発表し、共有する学会です。
参加者の多くが児童発達支援、放課後等デイサービス、特別支援学校、生活介護事業、福祉作業所、大手企業の特例子会社・・・などで日々実践の現場に携わる方々なので、おれんじ学園のスタッフにとってもたいへん興味深い、学びの多い一日でした。
今回は特別支援教育やダウン症の研究に携わってこられた学芸大学の菅野敦教授の最終講義と記念講演もあり、先生が長年研究テーマにされてきた「生涯発達支援」についてじっくりお話を伺い、生涯を見据えたとき、わたしたちが行うべき「支援」とは何か?、という問いを頂いて帰ってきました。(内田)
IMG_1492.jpg
IMG_1491.jpg
IMG_1493.jpg
↑記念講演
IMG_1496.jpg
↑菅野敦先生の退職お祝い会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。